融資ならカードローン比較しよう

預金取扱金融機関のカードローンは、貸出枠を設定し、当座貸越専用(カードローン)口座として貸出限度まで繰り返し1円単位で借り入れられる。金融機関によるが、総合口座のキャッシュカードと一体となったものと、キャッシュカードと分離しているものがある。

商品として個人向けには、担保・保証人が不要の無担保型と、不動産の抵当権などを保証会社へ差し入れたり住宅ローン借入中の者にその抵当権を活用し、別に貸付枠をつけて発行する有担保型が有り、この他金融機関によっては個人事業者向けに発行するカードローンもある。

メリットして・・・

貸出利率が消費者金融よりも低利であるものが殆どである。
勤務先によっては職域でメインバンクの総合口座とカードローンを持たされる事があり、通常のカードローンより低利であることが有る。

デメリットとして・・・

カードローンが変動金利制であれば、定期的に金利見直しをするため金利上昇リスクがある。

無担保型の場合、定職に就いていない者(フリーター・無職など)で取引金融機関に相当の定期預金等の取引が無いと、信用上発行が難しいとされる。ただ、消費者金融や信販会社が保証するカードローンでは審査次第によるため近年は緩和されている。

主なカードローンとして・・・

カードローンの名称 銀行名 保証会社名
マイカード 三菱東京UFJ銀行 三菱UFJニコス
みずほオリコカードローン みずほ銀行 オリエントコーポレーション
カードローン 三井住友銀行 プロミス
りそなカードローン りそな銀行 りそなカード
埼玉りそな銀行
スターカードローン 東京スター銀行 三洋信販
カードローン ソニー銀行 GEコンシューマー・ファイナンス

ウィキペディア(Wikipedia)より